音楽

【キンモクセイだけじゃない!】オレンジスパイニクラブ『イラつくときはいつだって』全曲レビュー&解説!!

2020年9月23日

最近よく聴く『キンモクセイ / オレンジスパイニクラブ』

TikTokでバズった?

発屋だと思うなかれ

他にもいい曲あるんじゃい!ってことで

オレンジスパイニクラブ1st mini アルバム『イラつくときはいつだって』

勝手に全曲レビューします。よろしくどうぞ!

※本記事は筆者の主観が多く含まれております。

オレンジスパイニクラブってだれ?

こちらの記事で解説しております。

【話題のバンド】キンモクセイを手掛けたオレンジスパイニクラブってどんなバンド?年齢からアルバム収録曲までまとめてみました!

TikTokやYouTubeでよく目にする話題の曲「キンモクセイ」 ここまでの楽曲を作ったバンド オレンジスパイニクラブ とは何者なのか? 音楽好きの筆者がし~っかりまとめてみました! ※本記事ではメ ...

続きを見る

『イラつくときはいつだって』全曲レビュー

キンモクセイ(動画有)

オレンジスパイニクラブを世間に知らしめた代表曲。

彼ら自身も、バンドの方向性を決定づけた曲であると認識している。

 

キンモクセイの花言葉は「初恋」

そんな花言葉に恥じない、甘酸っぱい恋を体現したような曲である言えます。

 

ああでもないこうでもない

君に愚痴はいて生き間に合ってる

 

信号のない十字路2人で話した

日が暮れるくらい 呆れるくらい

 

他愛のない話を、想いを寄せる人と駄弁っている。

長い時間を共にできる、学生時代ならではの恋の様子がうかがえます。

そして何よりこの言葉遊びにセンスを感じます。

"生き間に合ってる"

愚痴を吐くことで会話の息継ぎが出来ている、そしてそのおかげで生きることに小さな楽しみを感じられる そんな風に捉えられます。

信号のない十字路

君は反対方向を見ていた ずっと見ていた

ぁ、好きなんだなってすぐ分かります。

自分だけが後ろを振り返って、想い人の後ろ姿を眺めているんですもの!

 

彼らの歌詞を聴いていると、頭の中にすぐ情景が浮かんできます

シンプルな歌詞と少しずつ散りばめられた耳触りのいい言葉遊び

これがこの曲の魅力の1つだと言えます。

 

そして忘れてならないのがサビ

とってもキャッチー

 

サビに入るまでは、どっちかと言えば単調で抑揚のないメロディ

それが一気に爆発します

 

やっぱビビっときてるよ 君のイメージ金木犀よ

香りまで想像しちゃうなんてバカね

夏の終わりの初夏の気温は 気持ちをとっくにのせてた

最高 あんた最高

グッときた心臓バンっと割れる

 

急にメロディアスでポップなサビに入ります。

 

ありきたりな3度上のハモリではありません。

優しい語り口調のメインボーカルに、違うメロディラインでのせてくる高めのコーラス

 

日が照って、青空で

汗だくなのに何故だか爽やかに感じられた学生時代を想起させるんです。

 

まあとにかくキラキラしてるんですよね。

何とも言い難い清々しい気持ちにさせてくれます。

 

文句なしの代表曲ではないでしょうか。

東京の空

2020年、東京進出した彼らの環境の変化を歌った曲。

 

個人的な意見なんですけど、東京って名の付く曲って良い曲多いですよね。

 

地元と都会の違い世の中の理不尽さ社会の冷たさに気付き、

そんな環境に揉まれながらも大人に変わっていくような

そんなことを歌った曲は、バンドやその人の過渡期を知れてワクワクします。

 

多分に漏れず、「東京の空」も、彼らの過渡期が垣間見れる曲になっています。

 

大人になれず僕ら 陽炎に揺れて涙を飲んでいる

せめて逃げ場のない空虚な

生活の片隅では自分らしくいたい

 

事務所に所属し、趣味だったバンドが職業に変わった

プロとしての意識が芽生え始めた彼らの思いが綴られています。

 

Vo.ユウスケ:これまではお客さんが0人のこともあったから「どうせ客いねえし、自分たちのやりたいようにめちゃくちゃやっちゃおう」っていう考えだったんですけど、今はその辺りの意識がもう全然違って。お金を払って来てくれてるんだから、何がなんでも楽しんで帰ってもらいたいと本当に思ってますね。

引用:rockin'on.com

 

曲調は、彼らの原点でもある青春パンクに近いです。

 

大人になろうと揺れ動く感情と、

昔のようにピュアなロックを鳴らしてやろう!

 

といった気持ちが如実に表れた一曲です。

 

おりょ
”自分らしく”は大事よね

タルパ

タルパってなんでしょうか?

端的に言えば、タルパとはイマジナリーフレンドのことです。

現実世界に何らかの形で「実体化」させることを目的として創り上げられる、空想上の人物を意味する語。タルパ(トゥルパ)の名は、チベット密教における同名の概念に由来するとされている。より実在の人間に近いタルパを創る過程で、「会話のオート化」によるタルパとの会話や、「視覚化」によるタルパの視認ができるようになることもあるといわれている。また、幽体離脱に類似した方法で精神世界に入り込む(ダイブする)ことにより、タルパとより密に接触することができる人もいるという。

引用元:webrio辞書

 

この曲はオレンジスパイニクラブに改名する前、

The ドーテーズの頃から演奏されています。

 

青春パンク真っ盛りだった時代の中では、飛び道具的な楽曲でした。

andymoriDenimsのような語り口調の歌い方で、裏打ちメインの比較的リズミカルな楽曲です。

 

筆者は失恋後の喪失感を、

彼女をタルパ、つまり自分の空想上の人であったことにして歌っている曲であると捉えています。

 

突拍子もないタルパという概念を使って、切なさをけだるげに笑い飛ばす

何とも可愛い曲じゃないでしょうか。

 

こんな曲も作れるのね、と彼らの音楽性の広さが感じられる曲だと思います。

 

37.5℃(動画有)

本アルバムのリード曲「37.5℃」です。

 

キンモクセイが学生時代の恋ならば、こちらは少し大人の恋を描いています。

 

微熱で寝込んでいる彼氏を看病する彼女

日常の中で訪れる些細な出来事を通じて

2人の将来をぼんやり考えていることが感じ取れます。

 

世話が焼けるじじぃになっても

世話が焼けるばばぁになってね

 

普段は当たり前になっている彼女の優しさに触れ

やっぱこの人のことが好きなんだな

と再確認している様子が浮かんできます。

 

なんとまあ幸せな曲なんでしょうか。

 

そんなこの曲はVo.スズキユウスケが手掛けた曲となっています。

これまでのリード曲は全てGt.スズキナオトが作っているため、

ユウスケ:これまでのリードは全部ナオトが作った曲だったし、ざまあみろって感じですね(笑)。嬉しいです。

引用元:rockinon'.com

 

と語っていました(笑)

 

このような兄弟間の競い合い

彼らのバンドの魅力が増す要因の一つになっているのかもしれませんね!

 

どっちが作詞作曲してるかみるのも楽しいね!
みゃ

 

デイリーネイビークレイジー

ここまでくるとね、分かってきたんじゃないでしょうか。

このバンド

本当にラブソングが上手です

 

デイリーネイビークレイジー」は他の曲とは違って

ぶっきらぼうに歌っている気がします。

 

失恋後に空いてしまった心の隙間

楽器を弾きあさりながら埋めようとしているバンドマンの葛

 

それでもやっぱり脳は覚えているのです

いくら忘れようとしても思い出は蘇り

思い出がまたその人を思い出させる

 

やっと忘れたと、頭で忘れてやったと

でも身体は覚えてい

 

そんな気持ちを衝動に任せて叫んでいるのは心に来ますね~

ライブで聞くべき1曲でしょうね!

 

壊れきった やっと壊れた

頭のネジは全部飛んだ

全て忘れて記憶ない

だけどこの手が覚えてる温もりはなに

眠気

学生時代の甘酸っぱい恋

タルパという概念で笑い飛ばす恋

大人になってから日常に変わっていった恋

忘れようとしても忘れられない恋

 

ときて、続いては

あまり直視したくないリアルな恋の曲です。

 

うまくいかない

思い通りにいかない

そんな日々の綻びが、彼女に強く当たってしまう要因なのでしょう

 

多くを語らない歌詞の中に

突如現れるリアルな日

 

洗濯物が邪魔だった

舌打ちして 頭書いて わざとらしく物音たてて

ヤニ吸って窓睨んでたら

君がごめんねって服を畳んだ

 

筆者にも思い当たる節があって胸が苦しくなりました。。

 

やけにリアルな若者の恋

哀愁漂うメロディと、不自然なようで綺麗に調和するハモリ

 

引き出し多くないこのバンド?

おりょ
浅野いにおみたいな曲(伝わるかな)

 

敏感少女(動画有)

最後の曲!

こちらに関しては考えるな、感じろ!というのが正しいのかもしれません

 

レコーディングの際、

クリック音を聞かないで制作されたこの曲は、

ライブ感が凄まじく、とても熱量を持った楽曲と言えます。

 

どんどんテンポアップしていき、

最後まで駆け抜けていく様子は

 

まさに青春パンク!

 

その中に彼らの持つ個性がきらりと光る

アルバムの最後にふさわしい曲だといえるでしょう。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

久々にかっこいいバンドに出会えた気がします

コロナでライブにはなかなかいけませんが

ぜひ一度生で聞いてみたいものですね!!

-音楽
-, ,

© 2021 通ぶりたい!