通ぶり小話

【海外版コラ画像?】Memeって何?読み方から意味、その歴史まで解説します!

2020年10月5日

こんにちは!

皆さんは"Meme"というものをご存知でしょうか?

 

TwitterやInstagram、Tiktok等のSNSが当たり前に普及した昨今、

知らないうちにMemeに触れる機会が多くなっています。

 

今回はMemeとは何かを解説してきます!

これであなたもMeme通!

本記事でわかること

  • Memeとは何か、その意味と歴史
  • 日本のMeme文化

 

Memeとは

インターネット上の流行ネタのことを意味します。

 

例を挙げるのであれば、

 

こんなのとか

スポンジボブ「だーれも気にしないっ♪

 

こんなのですね

金曜日の仕事終わり

 

最近の流行で行くとフォートナイトエモートとかもMemeが元ネタだったりしますね

 

 

え、見たことない?

 

ちょっと待ってください!これから詳しく解説していきます

 

読み方

Meme、、めめ?違います。

『ミーム』と読みます。

 

語源

ミーム(Meme)の語源は、Memeticsに由来します。

Memeticsとは、イギリスの進化生物学者リチャード・ドーキンス著『利己的な遺伝子』において、

文化的情報の拡がる方法を説明するために作られた言葉です。

 

『利己的な遺伝子』の内容としては

遺伝子の目的が、その遺伝子のコピーを増やすことであるとするならば

その個体としては利他主義であっても、遺伝子レベルで見れば利己的である

参考:Memetics

といったようなものです。

 

ミツバチを例として挙げれば、

働きバチは女王バチのために働くだけの存在であり、利他的な個体と言えます。

しかし、遺伝子的に見れば利己的であると言えます。

なぜなら、自分が繁殖して子を残すよりも

女王バチの繁殖の助けをする方が繁殖効率がいいと遺伝子的に知っているからです。

参考:利己的遺伝子

 

文化(広義で)というのは個体を作り上げる重要な要素の一つです。

その"文化の単位(アイデアや信念、行動パターン cf.ミツバチの例)"がミームと名づけられました。

 

おりょ
難しい話は置いておこう、、

 

インターネット・ミーム

本記事で解説したいのはインターネット・ミームと呼称されるものです。

 

この概念は、1993年6月号の『Wired』でアメリカの弁護士マイク・ゴドウィンによって提唱されました。

インターネット上に存在する何か(画像や動画、発言等)がコピーされ拡がっていく様を、

ドーキンスのミームになぞらえて、インターネット・ミームと言われるようになりました。

参考:Richard Dawkins on the internet's hijacking of the word 'meme'

 

ドーキンスのミームは、ダーウィン進化論のように正確な複製によって拡がっていきますが、

インターネット・ミームは人間の創造性によって意図的に改変、コピーされ拡がっていきます。

コピーの正確性は求められない点で、本来の意味とは異なります。

 

今では特に定義されることはなく、インターネット上で流行っている何かを総称してミームと呼びようです。

 

Memeの歴史

ミームはインターネットの発展と共に成長してきました。

本項では簡単にその歴史をたどっていきましょう。

 

文字ベースのミーム

インターネットが普及し始めると、ミームは主に電子メールや掲示板等で広まっていきました

不特定多数の大勢と繋がることが出来るようになったが故に、

特定の曲がネット上で有名になったりしたそうです。

 

流石に筆者はまだ子供だったので、知らないものが多かったです。。

 

画像を用いるようになる

所謂コラ画像、ネタ画像ですね。

 

始まりはデモチ(demotivator)と言われるものから流行っていったそうです。

 

当時の学校にはモチベーターという名前の

校則や啓発のためのスローガン等が書かれたポスターが貼られていることが多々あったようです。

 

引用元

『フレンドシップ ~絶対に沈まない船(シップ)~』

 

そのようなポスターを皮肉交じりにばかにするために、そのポスターにテイストを合わせたコラ画像が沢山作られるようになったようです。

引用元:Best memes of all time

『愚行 ~馬鹿が集まった時の力を侮るな~』

 

画像から動画へ

画像とくれば、次は動画ですよね。

動画編集技術が一般の人々にも普及し始めると、"Dank"ミームというものが作られるようになりました。

 

Dankの意味は下記の通りです。

 

Dank

  • unpleasantly nasty, moist or wet
  • Another way of saying COOL or AWESOME TO THE MAX

参考:Urban dictionary

 

冷たく湿っぽいという意味から、高品質のマリファナを指す隠語となり、

そこから転じてかっこいい・すばらしいという意味になったそうです。

 

今までの文字媒体、画像媒体とは一線を画すといった意味で

映像媒体のミームはDankミームと呼ばれるようになりました。

 

映画やアニメ等のシーンを切り抜きして、

そこに文字を挿入するような形で作成されることが多いみたいですね!

 

イメージとしてはこんな感じです

 

Vineの登場、Tiktokへ

皆さんはVineを覚えているでしょうか?

6秒の動画をアップロードする動画サイトです。

2017年にサービスが終了してしまいましたが、短く一瞬で見れるその手軽さは一大ブームとなりました。

 

ミームもVineに合わせて短い動画に形を変え、短い時間でインパクトを残すようなスタイルに変わっていきました。

今ではTiktokInstagramに合わせた尺に変わっています。

 

有名なのはこの人ですかね?

 

あー!見たことある!
みゃ

 

日本での人気

残念ながら日本での認知度・普及度は低いです。

 

しかしミームとして認識されていないだけで、

ニコニコ動画や5ちゃんねる、またはTwitterには数多くのミームが存在します。

 

日本でのミームの例

総統閣下シリーズ

少しネタが古くなってしまい申し訳ありません。

映画『ヒトラー ~最後の12日間~』にて、ヒトラーが会議室に部下たちを集めて責するシーン

 

こちらの字幕を勝手に作ることによって面白おかしくするシリーズですね。

ニコニコ動画では、空耳のほうがフイーチャーされていたようですが。

ニコニコ動画全盛期に中学生だった人には、懐かしい動画ではないでしょうか?

気になる方はyoutubeなどで検索してみてください。

 

ちなみにこの映画を元にしたミームは、いまだに作成されているようです。

英語が得意な方はHitler's Downfall palodyと検索したらいっぱい出てきますよ。

 

現場猫シリーズ

 

現場作業員のような見た目をした猫「ヨシ!」と指さし確認する画像。

 

その可愛さからなのか、現場からの共感からなのか

様々な派生形が作られていますよね。

 

猫自体が別のキャラクターになっていたり、現場作業員からプログラマーになっていたり、

面白さを求めた人間が創造性をもち、意図的に改変しコピーしていく、、

 

まさにミームです。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

見たことのあるものも多かったんじゃないでしょうか。

あ、こういうのをMemeって言うだな

と、なんとなく理解してもらえたら幸いです。

 

これであなたもMeme通ぶれますね

 

それではまた次の記事で!

-通ぶり小話
-,

© 2021 通ぶりたい!